防災トイレの専門店
qjt@0ho2sf
 
多摩川クラフトは、CUBIC SIGNサインで、H30東京都トライアル発注の認定企業です。 
                              
トップページ プレス情報 クラフト造形部 通販全商品
English Page 防災事業部 多摩くらNEWS 社長ブログ 
 
 
QQTOILET   暮らしの安心に
渋滞トイレ
携帯救急トイレ! 
使う時は充実の2リットル! 
緊急の事故や渋滞、海外旅行にも3点セットのQQトイレで安心!

"迷彩Mシリーズ"は、自衛隊をはじめ、アウトドアー派の要望に応えてきました。当社T,R,C
自慢の環境トイレグッズです。

NEW災害用ボックスワン登場!            
INDODEFENCE2018 
 INDODEFENSE2018(JAKARTA) 防衛装備庁に出展! 

Vol 8.「地球賃貸の歴史」/後編 (2008・8・28)

その後も時は流れ、次々と借り主が替わり、いろいろな方々に住んでいただきました。
まずその中でも、最も長期に住んでおられる方が12月1日の「二畳紀」あたりからご契約を頂いています昆虫の皆様方です。まさしく二畳しかない小さな部屋ではありましたが、現在まで3億年間もの永きに渡り辛抱強く契約更新を続けていらっしゃいますので、強い信用力をもとにこれから先も末永く、地球が絶滅するまでお付き合い頂ければと願っております。

それから次に「華のジュラ紀」になって独占契約をされた、恐竜の皆様のことが印象深く思い出されます。
結果的には、12月10日から26日までのわずか3億年間ほどの短期契約になってしまったのはとても残念でしたが、恐竜の皆様はとても野心的で活発な実業家ばかりで、勢いに乗った弱肉強食の派手な浪費生活を満喫されていたようにお見受けいたします。しかし、不運にもそんな酒池肉林の贅沢三昧はそう長くは続かず、その直後に「氷河時代」という最悪のシナリオが準備されていたのであります。

思い起こせば「白亜紀」の終わる頃、徐々に食料が不足し始める中、たしかに家賃も滞納しがちではありました。そして、冷たい雪が舞う真夜中に、恐竜の皆様は隠れるようにして暗いあてのない旅へと出発して逝かれたのであります。・・・

「地球賃貸の歴史」/後編

私達の賃貸の世界では、いつの時代でも物件の返却に関し、「スケルトン渡しのスケルトン返し」が基本の常識として存在いたします。ここまでどなた様もルールを守られ次の時代への譲渡は自己責任をもって確実にやり遂げてこられました。

そうするうちに1億5000万年が過ぎた12月20日の深夜になると、いよいよ哺乳類様がお生まれになり、大晦日の12月31日、夕方6時17分に、遂に猿人様ご一行をお招きすることになるのでありました。

・・・・・・つづく


クラフト造形部  |  スクリーン   |   開発造形    
 
防災事業部   |  ドケーチ   |   QQトイレ  |  ペールトイレ | キュービックサイン



                                                                                                      
ページトップへ