会社概要
     


 
代表取締役 水津慎吾

ホーチミン赤十字社
2014ホーチミン赤十字社に貢献

 



多摩川クラフト有限会社は、東京都を流れる多摩川の傍らで、クラフト造形をおこなう会社です。
会社の理念は、「意識のあるものづくり」を基本に、プラスティック加工業を営んでいます。

創立以来、防衛から車産業、 大学研究室、などのドライビングシミュレーターのFRPスクリーンを生産してきましたが、近年は自社ブランドによる「リーズナブルスクリーン」も手掛けています。

またその一方で
創立以前から第二事業部として続けてきた「防災用トイレ」の事業展開も行っています。

これまでは自然現象を「災害被害」として受けざるを得なかった時代から、意識のある新技術の開発によって「自然現象とかかわる最善策」をめざし、更なる進化した製品を追求してまいります。

                                            

 
      会 社 名 多摩川クラフト有限会社
Tama River Craft Inc.
    本社所在地  〒182-0025 東京都調布市多摩川2丁目26の1・JP801
    工場所在 〒206-0811 東京都稲城市押立593-4
     電話番号 042-370-7555
      FAX番号 042-370-7575
   ホームページ  http://www.tamagawacraft.com
       E-mail info@tamagawacraft.com
      代 表 者 代表取締役社長 水津 慎吾(スイツ シンゴ)
       設  立 2006/4/10(中小企業挑戦支援法による確認会社)
      資 本 金 6,000,000円 
       所  属 稲城市商工会(工業部会)   Sustainable Sanitation Alliance member
       経  歴

2018東京都新事業分野開拓者認定 (H30東京都トライアル発注認定制度)
2018稲城市商工会新製品・新技術・特許申請支援事業補助金
2018公財)東京都中小企業振興公社/ニューマーケット開拓支援事業の支援商品選定
2017稲城市商工会新製品・新技術・特許申請支援事業補助金
2016東京都経営革新計画承認
2015先進的防災技術実用化支援事業採択
2015東京都外国特許出願費用助成金
2015JETROキャラバン事業(北京・ホーチミン参加)
2015東京都商工会連合会小規模事業者持続化補助金
2014稲城市商工会新製品・新技術・特許申請支援事業補助金
2014 東京都地域事務局・中小企業ものづくり革新事業採択
2013JETRO日本貿易振興機構/新興国進出支援事業採択 
2012財)東京都中小企業振興公社/海外販路開拓支援対象商品選定
2012公財)東京都中小企業振興公社/ニューマーケット開拓支援事業の支援商品選定
2011東京都新事業分野開拓者認定 (H23東京都トライアル発注認定制度)
2009東京都経営革新計画承認
2003グッドデザイン賞/PAPER HOLDER
2002年グッドデザイン賞/PAILTOILET  

    事業内容
航空機‣車両シミュレータースクリーンの設計製造
テーマパーク・博物館・映画・デパ-ト等の展示什器の製作
災害対策用品(簡易トイレ等)の開発・製造・販売・レンタル
    知的財産権
災害時、レジャー等簡易トイレ(意匠登録第1164961号)
PORTABLE TOILET(アメリカ特許第6820288号)
ペールトイレ(商標登録第4494207号)
ルーフキャリアー(意匠登録第1400914号)
DOKECHI(商標登録第5285489号)
トイレットペーパーホルダー(意匠登録第1363154号)
ドケーチ(商標登録第5285490号)  
簡易トイレ用便座(実用新案第3169968号)
簡易トイレ(中国実用新案登録第ZL201120365856号)
QQTOILET(商標登録第5728706号・WIPO国際商標登録No,1263688))
看板(特許登録第5707550号・第5803023号)

汚物排出装置(特許登録第5771820号)


 
(1)クラフト製造部 Craft manufacturing department


工芸的なデザイン感覚を主体にしたFRP(強化プラスティック)製品を、幅広く製作しています。それらは生活実用品から、防衛用航空機や試験車のドライビングシミュレーター・スクリーンや、企業 のロビーカウンターまで多岐にわたります。その他、映画の美術でも、特撮美術などを古くから手掛けてまいりました。近年は クラフト製造部の自社ブランドによる「TAMAGAWASCREEN」の開発、設計、製造の産学連携による展開をしています。

 
クラフトM chair医療用シミュレーターMonuments of huge Manneken Pis


 
(2)防災事業部(開発商品部) Development and marketing department

 
我々は、2001年より防災用ペールトイレ整体ベッドの自社開発からスタートし、2002年にはペーパーホルダーの開発も含め、現在まで1休むことなく開発と挑戦を続けてきました。

2011年には新プロジェクトの防災用携帯QQトイレをスタートし、2013年4月からは、東京都の帰宅困難者対策条例の施行に伴い、携帯QQトイレの事業展開を進めています。そして2016年に携帯トイレの毎日携帯をコンセプトに、アウトドアータイプの"QQトイレ迷彩Mシリーズ"の新ラインナップと緊急災害医療用のトリアージサイン(CUBIC SIGN)を全国展開しています。

現在の開発商品部では、災害トイレ用の屎尿水洗処理器の開発に取り組み、今後海外生産を基本にする東南アジア全域の防災と衛生プロジェクトを、JETROの支援事業やものづくり補助金等の助成を受けて、海外展開を含めたグローバルな防災事業をめざしています。

北京JETROキャラバンダブルクライムRISCON2015
 
 

クラフト造形部  |  スクリーン   |   開発造形    
 
防災事業部   |  ドケーチ   |   QQトイレ  |  ペールトイレ | キュービックサイン



                                                                                                      
ページトップへ