防災トイレの専門店
qjt@0ho2sf
 
多摩川クラフトは、CUBIC SIGNサインで、H30東京都トライアル発注の認定企業です。 
                              
トップページ プレス情報 クラフト造形部 通販全商品
English Page 防災事業部 多摩くらNEWS 社長ブログ 
 
 
QQTOILET   暮らしの安心に
渋滞トイレ
携帯救急トイレ! 
使う時は充実の2リットル! 
緊急の事故や渋滞、海外旅行にも3点セットのQQトイレで安心!

"迷彩Mシリーズ"は、自衛隊をはじめ、アウトドアー派の要望に応えてきました。当社T,R,C
自慢の環境トイレグッズです。

NEW災害用ボックスワン登場!            
INDODEFENCE2018 
 INDODEFENSE2018(JAKARTA) 防衛装備庁に出展! 
東京都トライアル 東京都トライアル認定商品  公社ニューマーケット支援商品

H22/10/10(日)~11日(月) / 第18回ハセツネ日本山岳耐久レース(参加者2,232名)

この日は、例年に無く前日から雨がしとしと降り続いていました。しかし幸運にも朝方にはすっかりと上がり、いつもどおりにペールトイレの設置を行なう事が出来ました。
今大会では、テント15基を五日市地域交流センターの駐車場のアスファルト舗装面上に設置することになりました。

今までの設置は、土の地面に金属のペグを打ち込む条件でしたので、問題はありませんでしたが、今回初めてペグを打たずに設置しなければならず、そのようなノウハウがありませんでしたので、強風が吹くことを考えると、今回の設置は無理だろうと思いました。
しかし、それでも何とかしなければならなかったので、事前の設置方法をかなり試行錯誤することになりました。

そしてその結果どうにか、単管パイプを枠状に組み、その中にテントを置いてビニール紐でパイプに結束していく方法を考えだしました。結果は非常に良く、ペグよりも設置が簡単で早くできる上に、整然と合理的に置くことができる為、今回のようなスポーツイベントだけでなく、都市部の災害非難所でのアスファルト路面上に設置せざるを得ない状況下では、今回の新方法は、今後決定的なものになりそうです。

 

総屎尿処理量580キロリットル

  1. スタート地点240キロリットル
  2. 第1関門下20キロリットル
  3. 第2関門230キロリットル
  4. 最終控え地点90キロリットル

(水津慎吾)


クラフト造形部  |  スクリーン   |   開発造形    
 
防災事業部   |  ドケーチ   |   QQトイレ  |  ペールトイレ | キュービックサイン



                                                                                                      
ページトップへ