トップページ»  社長のブログ»  炎の社長ブログ»  ものづくりの復活

ものづくりの復活

ものづくりの復活

猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症、それと共に世界の大国である米中間の摩擦による不安もヒシヒシと感じるようになってきました。私たち国内の中小零細企業にとっては、やはりこの先の国際情勢がとても心配です。
弊社も、場合によってはアメリカ側に賛同して中国関連企業との縁をバッサリと切ってしまうのか、或いは、せっかくここまで中国企業との取引が順調に進んできたので、何とかこのままビジネスを続けられないかと悩んでいるところです。
もともとは、米国政府の路線変更が原因だとは思いますが、やはりこの際に尖閣や他国の領土を侵略している今の中国共産党政権だけは、戦争になっても変える必要があると思っています。
政治家ではない我々国民は、どうしても政府の方針に従わざるを得ませんが、数年前、浙江省の防災関係の青年社長と食事をした時、「私は、あなたとビジネスがしたいが、国が戦争になったら、その時は戦う」とはっきり私に言ったのを覚えています。
我々は、製造業である限り輸出はともかく、いくらコストが安いからといっても中国に製造のすべてを委託し、完成品を輸入するだけという方針は考え直す必要がありそうです。
今一度、自分の手でものを生産する「ものつくりの基本」を思い出し、日本のサプライチェーン一社一社が、真剣にメイドインジャパンの復活を肝に銘じなければなりません。

ものづくりの復活

2020-08-22 13:34:01

炎の社長ブログ

 

クラフト造形部  |  スクリーン   |   開発造形    
 
防災事業部   |  ドケーチ   |   QQトイレ  |  ペールトイレ | キュービックサイン



                                                                                                      
ページトップへ