防災トイレとトリアージサインの多摩川クラフト                          多摩川クラフト有限会社
English Page 最新プレス情報 Страница России
クラフト造形部 防災事業部 社長のブログ 
 摩川クラフトは、オリジナル防災トイレの開発メーカーです。 今後とも、よろしくお願い申し上げます。 防災商品 問合せ ページトップへ
 

billingual

  2016ニューヨーク国連サミット国際会議場にて多摩川クラフトが紹介されました!
NEW福井県児童科学館の南極展・野外観測用のペールトイレの実物を展示します!
③第14回多摩ブルー・グリーン賞でQQTOILETが奨励賞を受賞!
NEW東京ビッグサイト危機管理産業展2017」に出展決定!
NEWつくばエキスポセンター/南極展・昭和基地60年企画展 45次隊のペールトイレ展示!

   
トップページ»  社長のブログ»  炎の社長ブログ»  第58次南極地域観測隊

第58次南極地域観測隊

第58次南極地域観測隊

58次葛西隊員
きのうは、猛暑の中、立川市にある国立極地研究所に行きました。今年の南極観測隊は第58次隊で、その越冬隊の環境保全を担当されているのが葛西隊員です。現在は南極に向けて出発するために南極に運ぶ沢山の資材を調達して仕分け作業の真っ最中でした。南極観測隊員は毎年メンバーが新しく変わります。そのため環境保全の方とは、ほとんど一生に1回しか会う機会がありません、そのため記念写真を撮らせていただきました。


ぺールトイレ
 
これは51次隊の時(7年前)に調達されたペールトイレのテントです。多少汚れてはいましたが、機能的にはいまも問題なく使えているそうで、毎年南極から一旦すべてひき揚げて点検補修を行ってから、また使用を繰り返しているそうです。不具合はないですかと尋ねましたらどうしてもテントが地面でこすれる部分が破れてくるとは言っていました。ペールトイレは商品化したのが2001年ですから翌年の2002年の第44次観測隊からずっと毎年消耗備品等を中心に補充調達をされていますので、古いものでは15年ほどになりますが、今も南極で使われているペールトイレもあるそうです。
 

2016-09-01 14:59:31

炎の社長ブログ

 

クラフト造形部  |  スクリーン   |   開発造形    
 
防災事業部   |  ドケーチ   |   QQトイレ  |  ペールトイレ | キュービックサイン



                                                                                                      
ページトップへ