トップページ»  社長のブログ»  炎の社長ブログ»  国際シンポジウム

国際シンポジウム

国際シンポジウム

国際シンポジウム
 
 昨日、「持続可能なサプライチェーンと倫理的貿易」がテーマの、国際シンポジウムに行ってまいりました。一般の参加者ですから客席に座っているだけでよいのですが、英語による発表者が多くて、英語がダメな私は、英語文の資料とイャホーンによる同時通訳を聴きながらの、大変面倒で慣れない作業を続けなければなりません。おかげで教科書を頭で理解するのが精いっぱいで、その内容に感動するとか、感心するとか、自分はこう考えるとか迄には、とてもたどりつけないという感じでした。

 国際シンポジウムの、4時間に及ぶ会場の雰囲気は、まあ、そんな感じでしたけれども、終わってから電車で帰りながら、よくよく考えてみると、ジェトロアジア研究所代表とか世界銀行局長とかロンドン大学名誉教授とかそんな感じの偉い人たちの発表している世界が、近頃の自分には、これまでのように、全く関係の無いことには思えないので、これはやはり、一種の異変がおこっています。
 それは、ごく最近なのですが、トイレ商品を日本で売れないので、輸出し始めたことに起因しますが、円安とかTPPとかFTAとか、世界の環境とか、貧困問題とか、少しずつ自分に身近になってきたからだろうと感じるからです。
第一、この私が、今回のような国際シンポジウムなんかに行ってみようと思うことが、そもそも進展している表れです。
(シンポジウムの内容については、言語が難しいので、後日まとめてお話します。中にとても面白いのがありましたので。)
 
 

2016-02-11 15:09:53

炎の社長ブログ

 

クラフト造形部  |  スクリーン   |   開発造形    
 
防災事業部   |  ドケーチ   |   QQトイレ  |  ペールトイレ | キュービックサイン



                                                                                                      
ページトップへ