トップページ»  社長のブログ»  炎の社長ブログ»  国際・防災事業部、さあいくぞ !

国際・防災事業部、さあいくぞ !

国際・防災事業部、さあいくぞ !

最近の夏は以前とは異なり、台風の大きさが非常に大型になっているのを感じます。
TVでも明日、明後日に上陸する大型で非常に強い台風第18号の北上により、6日(月)にかけて東日本と西日本では大雨となるおそれがあり、沖縄・奄美と太平洋側の地域を中心に暴風や高波に厳重な警戒が必要です。といっています。
今度の台風も、強い勢力のまま北海道の方まで行くように思います。やはり、これこそが二酸化炭素の出しすぎで招いた地球温暖化現象による海水温度の上昇による台風の巨大化なのでしょうか。
 私は生まれが宮崎県で子供のころから毎年台風の被害にあいながら育ちましたから、東京のやさしい台風などは何ともありません。宮崎は海も川も竹藪も大荒れで床上浸水なんかもありました。小学校の校庭が川の氾濫で全て石だらけの大河原になったこともあります。


 そんなわけで、私たちは今夏の7月下旬にJETROの海外進出支援を受けて、ベトナムのハノイからホーチミン市まで現地の災害の状況とペールトイレの市場を調査する目的で訪問いたしました。私は3年前にビジネスマッチングでホーチミンに行ったことがあったのでこれが2回目になります。
しかし、そのころと比較すると東北の震災の前に行って今回までのほんの3年間の間に、フィリピンの巨大台風やタイとベトナム南部の洪水等の被害が確実に大きくなっているように思います。
この写真は、ホーチミン赤十字社のpresidentのLe Quan Ninhさん(中央)ですが、ペールトイレキットを台風被災地である離島の人々のために、強い寄付の依頼をされたため、トップ会談であった事もあり、その場であっさり返事をいたしました。金額はかなりの高額ですが、会社がつぶれるほどではないので、ここでひるんでは男がすたると思い、OKをしました。
しかし、このことにより、私たちのASEAN進出のきっかけの第一歩が生まれたのだと思えば、振り返れば願ってもないことだったなと幸運に思っています。
いずれにしても、さあこれからです!

2014-10-04 18:27:57

炎の社長ブログ

 

クラフト造形部  |  スクリーン   |   開発造形    
 
防災事業部   |  ドケーチ   |   QQトイレ  |  ペールトイレ | キュービックサイン



                                                                                                      
ページトップへ