防災トイレとトリアージサインの多摩川クラフト                          多摩川クラフト有限会社
多摩川クラフトは、オリジナル防災トイレの製造メーカーです。 今後とも、よろしくお願い申し上げます。
English Page 最新プレス情報 Страница России
クラフト造形部 NEW防災事業部 NEW社長のブログ 
  防災商品 問合せ ページトップへ
    

billingual

  2016ニューヨーク国連サミット国際会議場にて多摩川クラフトが紹介されました!
NEWマーケティング戦略策定支援事業採択(東京都中小企業振興公社)
第14回多摩ブルー・グリーン賞でQQTOILETが奨励賞を受賞!
NEW最新会社情報更新!!/東京都「防災展・2017」に出展
 
   
トップページ»  社長のブログ»  炎の社長ブログ»   NGO組織 ・DTRG/ドイツ国際災害支援協会

NGO組織 ・DTRG/ドイツ国際災害支援協会

NGO組織 ・DTRG/ドイツ国際災害支援協会



 

 
2013 /11/16 BERLIN photo by DTRG


近頃のニュースでは、伊豆大島の豪雨による土砂崩れや、異常に発達した強力な台風によるフィリピン・レイテ島などの自然災害の影響が、大きく人類全体にも及ぶようになってきました。

それは日本やASEAN諸国に限らす゛ヨーロッパなどでも洪水の災害が増えてきており、世界的な規模で自然の危機がせまっている表れです。

私達人類は全員、地球の場所を借りてそこに生存させてもらっている存在なのですから、節度のある
共存といたわりの精神をわすれてはいけないと思います。人類が経済活動のために二酸化炭素を排出したための地球温暖化現象です。もうそろそろ石油は地中からストローで吸い尽くされますので、次はシェールガスが吸われる事になります。

地球が46億年前に誕生して以来、31億年前までの15億年の間は、どろどろに溶けた亜硫酸ガスの充満した、別府地獄温泉のような風景だったのです。したがってこのまま人類が旺盛な経済活動をやめないとすれば、やはり酸素の存在しない、地球の元始の状態にもどるに違いありません。

しかし、今回のブログはタイトルと大幅に内容がずれてしまいました。

この画像はベルリンのNGO"ドイツ国際災害支援協会"による消防隊との防災訓練にPAIL TOILETを使用した時の状況です。
この防災ペールトイレは、生死に関わるような極限の救命道具などではけっしてありませんが、しかし人間にはやはり排泄の際に他の動物とははっきりと異なる、人としての尊厳にかかわる重大な線引きがあるのですねぇ。  国境のない・・・。
 

2013-11-20 14:24:32

炎の社長ブログ

 

クラフト造形部  |  スクリーン   |   開発造形   |  防災事業部   |  ドケーチ   |   QQトイレ  |  ペールトイレ 


                                                                                                      
ページトップへ