トップページ»  社長のブログ»  炎の社長ブログ

炎の社長ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

INDODEFENCE2018・ジャカルタEXPO&FORUM

多摩川クラフトのオリジナル開発商品の"QQTOILET"が、待望の日本の防衛と防災関連に貢献できるチャンスが到来しました。11月にインドネシアのジャカルタで開催される、INDODEFENCE2018 EXPO&FORAMに防衛装備庁の展示ブースから、インドネシア軍に向けた展示対象品に選定です。

 

日本パビリオン出展

2018-09-27 18:38:59

折りたたむ

東京暮らしのフェスティバル2018

東京都中小企業振興公社主催による発表展示商談会が開催される。多摩川クラフトは、"そなえる"のテーマでNo,71ブースで,
QQTOILETとCUBIC SIGNの展示です。

QQTOILET

2018-09-22 10:36:53

折りたたむ

平成30年度新事業分野開拓者認定/認定書交付式

平成30年度新事業分野開拓者認定/認定書交付式

2018/9/3東京都庁

2018-09-06 09:06:05

折りたたむ

経営革新計画の作成と新事業

商工連プラザVol.343

2018-09-02 10:24:06

折りたたむ

避暑地の納涼ニュース

毎日毎日、全国的に35度を超える猛暑には、本当に参っています。 そこで、これから本格的な夏本番を迎えるにあたり、我々中小企業の町工場における作業員の暑さ対策には一番の「納涼ニュース」をお伝えします。
第59次南極地域観測隊

先日、あまりの暑さだったので、南極大陸で現在越冬中の第59次隊の岡江真一隊員に、昭和基地のエアコンの設定温度は何度ですか? という質問のメールをしました。すると以下のような回答をもらいました。

今年の日本は大雨だったり猛暑だったりで大変なことになっているんですね。こちらは、先日ようやく極夜が明け、太陽が顔を出すようになりました。とはいえ、明けたばかりなのでお昼前後の2時間ぐらいしか太陽を見ることはできませんが・・・。越冬当初は雪も少なく快適な作業日和が続いたのですが、やはりこの時期になると荒天が多くなり、今も、昨日からのブリザードで外に出れない状況です。先日、今季の最低気温を観測し-31℃まで下がりました。日本とは正反対です。
 
ご質問の件ですが、昭和基地の原動力ははすべて電気で賄われています。この電気を発電するために発電用の大型エンジンが24時間絶え間なく動いています。このエンジンの排熱を使って温水を建物内に循環させ暖房にしています。寒さによってはさらにこのエンジンの排気を利用した排ガスボイラーや燃料ボイラーも併用しています。国内で目にするエアコン的なものではないです。なので、個々に温度設定するものはありません。

                                                            以上原文

(岡江さんは15年くらい前に45次隊で一度越冬されて、その後もまた今回、越冬隊に参加しているペールトイレをこよなく愛する、環境保全のベテラン隊員です)

岡江様、一級の避暑地からのニュース、ありがとうごさ゛いました。ブリザードですか、寒すぎて手足がしびれてきました!
しかし、南極でのスーツ姿とはすごいですねえ!和服も初めて見ました、超かっこいいです!

 

2018-07-20 12:27:51

折りたたむ

IDSデザイン

弊社多摩川クラフト(有)の、クラフト造形部では、近頃、デパートや店舗・展示ルームなどの、装飾オブジェの依頼が多くなりました。やはり、これも東京オリンピックに向けた、何かしらのわくわく感が景気に反映してきたのでしょうか? 造形部では、ややオーバー気味の行程で進んでいますが、まあ、程良い感じといえます。弊社の本業は、手仕事によるプラスチック加工の技術で、依頼されたものをオーダーメイドで製造する仕事ですから、忙しすぎるのはまず困ります。来月は、出張が続きますので、ほとんど、工場には作業者はいません・・・。
(suitsu@tamagawacraft.comでお待ちします。)

店舗デザインの装飾
 

2018-05-19 13:49:55

コメント(0)

折りたたむ

Tama River Craftのマーク

多摩川クラフト有限会社は、英語でTama River Craft Inc.と言います。このマークも多摩川の流れのイメージをそのまま図案にしたものです。最近の多摩川も、大昔から台風の度に大きく流れが変わってきたそうで、常に変化を続けてきました。
しかし、びっくりしました、最近の多摩川が、いつのまにかまったく同じになっていました。…弊社のマークに。

 

多摩川クラフト TRC

2018-03-23 16:43:25

折りたたむ

2020国立公園満喫プロジェクト


QQTOILET前線 
 
環境省の新プロジェクトです。それは、私達日本人の数に関係したものです。鎌倉時代から平成時代まで、これまでずっと人口は上昇してきました、しかし、とうとう平成16年を境に減少しはじめました。(もしかすると、日本民族の歴史的な最多人口は、この2004年12月の1億2783万8000人になるのかもわかりません) 
これまでのメイドインジャパンなど、日本国の繁栄は、人口の増加と関係していたようで、人口が減ってしまえば、いくら効率よく「労働生産性」を上げてもGDPの増加は難しい・・・
それならば、海外から日本に観光で訪れる「観光人口」をもっと増やして経済効果にしよう、というものです。つまり、日本の観光は富士山に登ったり、温泉に入ったり、いろいろ自然を満喫するわけですから、「国立公園満喫プロジェクト」として、全国の5箇所の「国立公園ステップアッププログラム2020」を策定し、まず外人を惹きつける取り組みを行っていこうというものです。
いやこれはいいですねえ! ナイスプロジェクトです。 賛成!!     
外国人の国立公園の利用者数を今の2倍にして、人口を増やす!  しかし、我々日本の大切な自然環境を、外人に開放するわけですから、やはり、そこは要注意です。 我々は、日本の故郷と、自然を守る「救急トイレ」を防衛最前線において、がんばりますよ! 

2018-03-01 11:49:27

折りたたむ

商品ラインナップに、新製品"DMAT本部サイン"の登場

2018年は好スタートです。いよいよ製品ラインナップに"CUBIC SIGN"の新商品"DMAT本部サイン"が加わりました。
今回は、昨年の暮れより、鹿児島米盛病院の発案による冨岡先生の大監修のもと、内山災害対策室長と弊社との共同作業で、商品開発がすすめられてきました。
現在も尚、その開発は続いていますが、弊社"CUBIC SIGN"の生みの親である、吉沢彰洋・救急救命士(北アルプス広域消防本部)からの知識と現場サイドの強力な製品アドバイスも常に受けており、盤石の態勢での事業展開になっています。 




鹿児島米盛病院 DMAT本部サイン

2018-02-05 18:49:22

折りたたむ

2018,春 通販カタログマガジン" SAVER'S "

セィバーズに「多摩くらブランド」が初登場です! 

セイバーズCUBIC SIGN


セイバーズCUBIC SIGN

2018-01-26 18:33:46

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

クラフト造形部  |  スクリーン   |   開発造形    
 
防災事業部   |  ドケーチ   |   QQトイレ  |  ペールトイレ | キュービックサイン



                                                                                                      
ページトップへ